便秘の原因

女性にとってダイエットの敵でもある便秘は、実は様々なことが関係していてなるとされています。

 

食生活や生活習慣、薬による副作用や精神的によるものなど数多くの原因が考えられますが、なぜ起こってしまうのがそれぞれの原因について考えてみましょう。

 

一口に便秘と言っても実はその種類は多種多様とされており、また種類によって原因も異なるとされています。

 

では、実際にはどんな種類があるのか気になるところでしょう。

 

 

食物繊維不足が原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

まずは食物繊維不足が原因によって起こるものが考えられます。

 

終戦後の日本に比べると、現代の日本人はその当時の日本人と比較して食物繊維の摂取量が半分以下になっているとされています。

 

消化や吸収、排便において非常に重要だとされる食物繊維ですが、この食物繊維不足が原因の便秘は日本人に最も多いとされています。

 

なぜ食物繊維が減少することで便が出にくくなるのかというと、食物繊維は体内に入ると便のかさを増やして大腸の蠕動運動を促進する働きをします。

 

そして、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内の優雅物質を吸着する役割をしているため、減少してしまうことで腸内環境が悪くなり便通がスムーズに行われるなくなるのです。

 

食物繊維は多く分けて2種類あり、

 

  1. 野菜や穀類などに含まれる不溶性食物繊維
  2. こんにゃくやわかめ、果物やサトイモなどに含まれる水溶性食物繊維

 

に分けられますが双方をバランスよく摂取していくことで腸内環境を整え便通をスムーズにすることができるとされています。

 

 

運動不足が原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

その他に考えられる原因としては、運動不足によるものです。

 

運動不足は美容や健康にも良くないとされていますが実は腸内環境にとっても良くないこととされています。

 

運動をすることで腹筋が鍛えられたり、消化器官を調整する作用のある自律神経を整える作用があるために運動をすることが結果的に便通をスムーズにすることにもつながるとされています。

 

特に腹筋が衰えると大腸の蠕動運動を促進できなくなるとされています。

 

いきむと腹筋が腹圧が上がることで大腸が刺激を受けて蠕動運動が促される便が腸から体外へと排出されていきますが、腹筋が弱いと十分に大腸が刺激されずに便を排出することができなくなるからです。

 

また、運動をすることで自律神経が整ったりストレス解消にもつながるとされており、汗をかくようなハードな運動よりもウォーキングのような軽い有酸素運動の方が副交感神経が有利になるため便秘にはお勧めとされています。

 

 

ストレスが原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

便がスムーズに排出できない原因の一つに、ストレスが関係していることもあるとされていることをご存知でしょうか。

 

現代人はストレス社会と言われていますが、ストレスがあると緊張の時に働く交感神経が優位になってしまい副交感神経の働きを低下させてしまうのですが、

 

それが続くことで大腸の蠕動運動を鈍らせたり逆に過度に収縮して痙攣をおこしてしまう症状などに発展させてしまいます。

 

痙攣性による症状が長く続く場合には過敏性腸症候群の可能性もあるとされており、ストレスが原因によるものはいくつかの種類に分かれるとされています。

 

一見ストレスと排便は関係ないように感じますが実は脳が感じたストレスを大腸はそのまま受け取ってしまうこともありますので、ストレスを溜め過ぎないようにすることも便通をスムーズにさせることにつながるのです。

 

 

水分不足が原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

日頃から水分をあまりとらない人は、水分不足によって便通がうまくいかない状態になっている可能性が高いと言えます。

 

体内の水分量が減ってしまうと便も水分量も少なくなってしまい硬い便となってしまうのですが、便の中には未消化のままの食物繊維なども含まれており、

 

それが水分を含みかさを増すことで便を排出しやすくなるのに水分量がもともと少ないことで食物繊維の力が十分に発揮できずに排出しづらくなってしまうのです。

 

 

その他の原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

その他には、

 

  • 大腸がん
  • 腸閉塞
  • 糖尿病
  • 子宮筋腫

 

など病気が原因によって便がスムーズに排出しにくくなることもあるとされています。

 

  • 咳止め
  • 抗ガン剤
  • 抗うつ薬
  • 精神安定剤

 

など普段常用している薬によっても症状が出ることもあり、

 

これは薬物性便秘と呼ばれており、薬によって便の排出がスムーズでない場合には自己判断で下剤や官庁などをするのではなく専門家にきちんと見てもらった上で対処するのが良いと言えるでしょう。

 

加えて、町内には善玉菌や悪玉菌、日和見菌など様々な細菌が存在しておりそれぞれバランスを保っていることで腸内環境が正常に保たれているのですが、

 

風邪をひいたり体調を崩すことでこのバランスが崩れると悪玉菌が優位となったりそれを日和見菌が味方するなどして腸内環境の悪化につながることがあります。

 

腸内環境の悪化は便通がスムーズにいかないだけでなくニキビや吹き出物ができやすくなったりくすみがひどくなるなど肌トラブルにもつながるとされています。

 

そのため、日頃から腸内環境のバランスを保つような生活を送るのが良いとされています。

 

このように、便秘の原因は様々なことが考えられますので、まず自分がどのタイプなのかをしっかりと把握してそれに見合った対処法をしていくのが良いと言えるのです。