便秘薬で腹痛の時の原因と対処方法

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

つらい便秘を何とか解消したくて便秘薬を使用した経験を持つ人は多いと思われますが、

 

その際にかなりの高い確率で腹痛が起きることも多いと思われます。

 

便が出ないだけでもつらいのにその上腹痛まであると憂鬱になりますが、

 

なぜ薬を飲むと痛みが出るのかその原因と対処法について考えてみましょう。

 

 

便秘薬の種類

実は様々な種類があるとされている便秘薬、いわゆる下剤と言われる薬の中にも大きく分けていくつかの種類があるとされており、その中でも刺激性下剤膨張性下剤と言われるものが代表的な下剤とされています。

 

刺激性下剤

刺激性下剤とは、市販薬としてはコーラックやセンナなどが有名ですが腸に刺激を与えることで便通を促すタイプの薬であり、効き目が強い分刺激や腹痛が起こる頻度も多いとされています。

 

膨張性下剤

一方、市販薬としてはウィズワンやスルーラックデトファイバーなどが有名である機械製下剤の一種である膨張性下剤は、

 

腸に刺激を与える成分とともに食物繊維を配合していているため水と食物繊維によって排便を促す作用があるとされている下剤です。

 

塩類下剤

その他のものとして、酸化マグネシウムを始めとするマグネシウムを主成分とした塩類下剤は、塩類の働きによって腸内に水分を集めて排便を促すタイプの下剤で、市販薬としてはスラーリアやミルマグなどがあるとされています。

 

 

腹痛が起こる原因

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

どんな薬を使用するかによっても

 

腹痛が起こるかどうかというのは異なりますが、

 

腹痛が起こる原因として考えられることには

 

以下のようなことがあるとされています。

 

腸の活動が活発になり過ぎる

まず、腸の活動が活発になり過ぎることで腹痛が起こるケースです。

 

特に刺激性下剤に多い副作用とされており、便を排出するための腸の蠕動運動が活発になるので腹痛や下痢の症状がひどくなるとされています。

 

便意を我慢することで便秘になりやすい直腸性タイプの人やストレスによって腸が痙攣する痙攣性タイプの人は痛みが出やすいので注意した方が良いと言えるでしょう。

 

腸内の水分が増えすぎる

その他に考えられる原因としては、腸内の水分が増えすぎることによっても腹痛が出ることがあるとされています。

 

便を排出するためには腸内の水分量を増やすことが大切とされていますが、水分が増え過ぎたり吸収が追い付かなくなることで下痢や腹痛の原因となるとされているのです。

 

特に刺激性下剤の場合は強制的に便と水分を排出する作用がありますので、腸が十分に水分を吸収する前に排便が促されてしまいますのでこのような状況が起こりやすいとされています。

 

比較的副作用が起こりにくいとされている機械製下剤の場合にも時々起こることがありますので油断しないように気を付けましょう。

 

過敏性腸症候群

また、過敏性腸症候群だったことが原因で腹痛が起こることもあるとされています。

 

過敏性腸症候群はストレスや精神的にまじめな人に起こりやすいとされている症状で病院で検査を受けても原因が解明しないとされる体調不良の一種です。

 

過敏性腸症候群の場合刺激には非常に敏感であるために少しのことで下痢や腹痛を起こしやすいとされています。

 

人前でお腹が鳴ってしまうことを恥ずかしいと感じたりする世代に多いとされる症状の一つです。

 

このように、便秘薬によって腹痛や下痢などの症状が起こる原因は把握できたと思われますが、なるべく起こさないようにするための対処法があるのか気になるところです。

 

 

腹痛を減らすための対処法

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

薬を使用する以上、

 

完全に腹痛や下痢を起こすことは避けられないとはいえ、

 

なるべく減らしたいと考える人は多いのではないでしょうか。

 

そこで、今度は便秘薬による腹痛を減らすための対処法について考えてみましょう。

 

少量から始める

まず、便通がスムーズにいかなくなった場合に初めから規定量を飲むのではなく少量から始めることをおすすめします。

 

少量を飲んでも腹痛が起きないのであれば徐々に規定量まで戻していきましょう。

 

だからと言って効き目がないからと規定量以上を飲んでしまうのは腹痛が起こる原因となりますので必ず規定量を守って服用するようにしましょう。

 

刺激性下剤の使用を避ける

次に、腹痛や下痢などの副作用が起こりやすい刺激性下剤の使用を避けることをおすすめします。

 

実は継続して飲み続けることで徐々に体制ができ、規定量では効かなくなってくるのが下剤などの怖いところです。

 

特に副作用の強い刺激性下剤を継続して飲み続けることで腹痛や下痢になるだけでなく腸閉塞などの病気を発症することも考えられます。

 

そして、自然な便意や排便ができなくなる可能性もありますので、薬に依存しないためにも刺激性下剤を使用することはなるべく避けるようにしましょう。

 

薬だけに頼らない

その他に考えられる対処法としては、薬だけに頼るのではなく普段の生活習慣や食生活、腸内環境を整えるようにするなど毎日の生活の中でできることを続けて行くのも良いとされています。

 

  • 便意を感じたらすぐにトイレに行くようにしたり、
  • 食物繊維が豊富な食べ物を積極的に摂取する、
  • 乳酸菌やオリゴ糖、ビフィズス菌など腸内環境を良くする食べ物を食べるようにする

 

などして、普段の生活から意識して変えていくことをおすすめします。