ヤクルトで便秘解消効果が無い理由。オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維が取れる 「Vene DETOXIA」(ヴォーネ・

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

乳酸菌飲料はたくさん市販されていますが、

 

どれをもんでも同じではありません。

 

ヤクルトで便秘解消効果が無い理由にはいろいろありますが、

 

ヤクルトのもつ乳酸菌と、

 

飲んだ人の腸内との相性が良くなかったことも考えられます。

 

 

ヤクルトのもつ乳酸菌との相性とは

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

乳酸菌とあれば飲料を飲むことで、その人の腸内環境にぴったりというのは、当てはまらないことがあるのです。

 

自分の腸内環境とヤクルトの乳酸菌とが、

 

本当に相性が良いかどうかを知るためには、購入をして継続的に飲まないとわからないのです。

 

相性を観察するためにも、数週間は試しに飲んでみる必要がありますし、

 

短期的に数本を飲んだだけでは、乳酸菌飲料との相性などは判断はできないのです。

 

ヤクルトの乳酸菌飲料などは、いろいろな乳酸菌を含むので、乳酸菌にも種類があるように、人間の腸内に住んでいる腸内細菌にも、実にいろいろな種類がいるわけです。

 

腸内に住み着いている、さまざまな腸内細菌も十人十色ということであり、乳酸菌たちとの相性も、すべてが良いとはいかないのです。

 

テレビCMでも有名なヤクルトを飲んでも、ベンツが解消をされないというのは、ヤクルトの乳酸菌飲料に含有する、豊富な乳酸菌と自分の腸との相性が、イマイチ良くはなかったということも考えられます。

 

でもヤクルトが悪いわけではなく、乳酸菌との相性の問題なので、ヤクルトで快便な人もいるでしょう。

 

ヤクルトを飲んで便通が解消しないと嘆く人は、ほかにも理由を持っているはずです。

 

確かにヤクルトには乳酸菌が多く、便通をよくするためには、良いドリンクとして脚光を浴び続けている飲み物でもあります。

 

でももっと根本的な改善点を見ていないので、足元を見ないで乳酸菌にだけ頼ろうとするのは、実に都合の良い話でしかありません。

 

 

ヤクルトが効かない他の理由

お腹の筋力が弱い

よくあるのはお腹の筋力が弱いこと、そして運動不足は便通を悪くさせる要因になります。

 

腸内に過剰な悪玉菌が発生をして、その他面胃腸内における蠕動運動はすっかりと弱くなったのであれば、

 

乳酸菌飲料を飲むことで便通はよくなる期待があります。

 

でも運動が足りないとか、お腹の筋力が弱いとなると、乳酸菌料だけでは解決とはいかないのです。

 

快適な便通を促すためには

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

お腹にある程度の腹筋をつけること、そして運動をするという体を動かす週刊は必要性が高くなります。

 

便通を解消したいと考えたら、軽いランニングやウォーキングなど、有酸素運動の習慣を身につけて、腹筋運動をするようにしましょう。

 

腹筋を鍛えることは、便通の解消のためになりますし、健康的なナイスバディを目指す人にも、運動や腹筋を鍛えることはメリットになります。

 

 

飲み方にも誤りがある

ヤクルトなどの乳酸菌飲料を飲んでも、あまり効果がない上に、なんとなく太ったとうのであれば、それは飲み方にも誤りがあります。

 

ヤクルトなどの乳酸菌飲料というのは、1日に1本ほど飲めば十分なドリンクです。

 

効果が高まるだろうと、たくさんの本数を飲むことは逆に控えたいのは、ヤクルトなどの乳酸菌飲料は、飲むやすくするために、糖分を多くしてあるためです。

 

 

糖分の過剰摂取の危険性

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

美味しく飲めるのが市販の、ヤクルトをはじめとする乳酸菌飲料ではありますが、

 

砂糖が過剰に加えられているので、たくさん飲むと糖分の過剰摂取となります。

 

現代の日本では砂糖への意識が大きく変わり、健康や美容面での悪影響にも警告が鳴らされています。

 

砂糖は体内へ入ると血糖値を急上昇させますし、砂糖をたくさん摂取すると当たり前ですが太ります。

 

体内で砂糖は熱が加わることで、ベタベタの物質に変わり、それは細胞の老化現象を招くことになります。

 

健康な細胞も速度を上げて老化をしていきますので、体内細胞はみるみる年老いてしまい、健康が失われていきます。

 

体内の老化現象は皮膚にも現れるので、皮膚もどんどん老化をすることになります。

 

乳酸菌飲料は腸内のために飲むという宣伝文句に意識を奪われやすいですが、実際にはメーカー市販のドリンクなので、飲みやすく甘くしないとならないのです。

 

だから便通をよくするために購入をして、1日の喉が渇いた時に好きなだけ飲んでいれば、乳酸菌を摂取するのとともに、過剰な砂糖も一緒に体へ入れるので、これは逆に便秘を促進させてしまいます。

 

お金を出して購入した乳酸菌ドリンクで、さらに腸内の環境を悪化させたのでは、本人としても切ないとしか言いようがなくなります。

 

ヤクルトなどの健康のための乳酸菌飲料は、相性もありますが、飲みすぎてはダメなのです。

 

 

ヴォーネ・デトシアなら糖分の過剰摂取の心配がない

そんな苦労をしなくても便秘解消にもってこいなのが、サプリメントのヴォーネ・デトシアです。

 

個包装になっているヴォーネ・デトシアは、その人の体調と相談をして飲むことができますし、内容的にほかの甘い乳酸菌印象のような不安がありません。

 

ヴォーネ・デトシアは乳酸菌も豊富でありますし、オリゴ糖に食物繊維まで同時接種ができますので、スムーズな翌朝の便通を楽しみに、毎日サプリメントを飲むことができます。

 

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法