善玉菌と悪玉菌

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

腸内にはたくさんの種類の腸内細菌がいて、さまざまな働きをしています。

 

腸内細菌には善玉菌と呼ばれる、身体に良い働きをして良い影響を与える菌と、悪玉菌と呼ばれる、身体に良くない働きをして悪い作用を及ぼす菌がいます。

 

二種類の菌の他にも日和見菌という普段は特に何もしない菌もいますが、この日和見菌は善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなり、どちらかが優勢になると優勢な方に付いて同じ働きをする性質があります。

 

日和見菌がどちらかにつくと日和見菌が付いた方の働きをする菌の全体数がぐんと増えるので、どちらが優勢になっているかが腸内環境に大きな影響を及ぼします。

 

悪玉菌が増えると善玉菌は減るし日和見菌は悪玉菌の見方になりますし、
善玉菌が増えると悪玉菌は減り日和見菌は善玉菌の見方になります。

 

 

善玉菌と悪玉菌の関係

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

善玉菌と悪玉菌は分かりやすく言うと敵同士で、陣取り合戦を行っているような状態です。

 

腸内の陣地を戦国状態のように奪い合う立場にあるので、善玉菌の陣地が増えると腸内環境は良くなるし、悪玉菌の陣地が増えると腸内環境は悪化します。

 

悪玉菌が増えて善玉菌の場所が減ると、善玉菌の数は減って悪玉菌が優位な状態になります。
悪玉菌が増えて悪玉菌の及ぼす影響が強くなると腸内環境はとたんに悪化します。

 

悪玉菌には、腸内に届いた食物を腐敗させ、ガスなどの毒素を発生させる作用があります。

 

そうなると腸壁や腸内の細胞はずっと毒におかされている状態になってくるので、だんだんと腸の内部がただれたり傷ついた状態になってきます。

 

栄養の吸収や毒素の分解が十分に出来ないので、腸本来のデトックス効果を発揮する事が出来なくなります。

 

便を正常に排出する事が出来なくなるので便秘がちになる事もあるし、栄養や水分を吸収してきちんとした便を作りだす事が出来なくなって下痢を起こしたりします。

 

ガスが溜まりやすく、おならが出たり、そのおならも臭くなる事もあります。

 

便秘と下痢を繰り返す、普段から腸の弱い人は、悪玉菌が腸内で勢力を広げているからだと考えられます。

 

ただ、単純に便秘薬を飲んで便を出せば解決できるわけではありません。

 

 

排便のための対処法

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

たまった便を出すのは、その時だけの対処法に過ぎず、腸がきちんと便を作りだして排出する事ができる状態にする事を目指さなくてはいけません。

 

なぜなら、悪玉菌が増えると便だけに影響があるのではなく、毒素を便と一緒に正常に排出できずに身体にため込んでしまうので、腸以外にもいろいろな悪影響が出てくるからです。

 

吹き出物が出るなど肌の状態が悪化したり、むくみがちになったりもしますし、リンパの流れや血行も悪くなるので、代謝が悪くなり太りやすく痩せにくい身体になってしまう事もあります。

 

こういった影響が続くと、本来持っているはずの免疫力が下がってしまい、さまざまな病気や老化など衰えの遠因となります。

 

悪玉菌が増えるとこのように体中にさまざまな悪影響が出るので、なるべく善玉菌が優位に立って腸内環境を整えてくれるように、善玉菌の応援をしてあげなくてはいけません。

 

善玉菌は、排出しやすい便を作りだすとともに、便をきちんと排出する腸の運動を支える働きもしているので、便秘を根本から解決してくれます。

 

また、腸内で食物をきちんと消化し、栄養の吸収を効率よく行ったり、摂りすぎた脂質の代謝もしてくれます。

 

そのような働きを通して、代謝を高め、血行を良くしてくれることで免疫力を高めたり、ホルモンバランスを整える所にまで良い作用を及ぼします。

 

免疫力が高まると、万が一身体に悪いウイルスが入ってきてもやっつける事が出来るので、インフルエンザや風邪などにかかりにくい、強い身体になります。

 

このような良い働きをしてくれる善玉菌を増やすためには、ヨーグルトや発酵食品に含まれる乳酸菌は良い助けになります。

 

 

その他に心がけること

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

他にも食物繊維、ビタミンなど、腸の働きを助ける事の出来る成分はたくさんありますし、適度な水分をきちんととる事も大切です。

 

腸内環境を整えて、便秘にならないようにするには生活習慣に気を付ける事も大切です。

 

朝食を抜いたり夜遅くに暴飲暴食をしたり、脂っこいものや刺激物を習慣的に摂るような、腸に無理を強いるような食生活を避けるよう心がけるのは基本的な事です。

 

難しく感じる人も少なくないでしょうが、習慣は一度身に付けてしまえば続けるのは簡単です。

 

ストレスをためすぎないように

 

  • 趣味に使う時間を意識して作りだす
  • 運動不足の解消のため歩く事を心がける
  • 睡眠時間を確保する

 

などの身体に良いとされる生活習慣は、身体だけではなく心にも良い影響を及ぼします。

 

健康は充実した良い人生を送ることに必要不可欠なものです。

 

お腹の健康は身体全体の健康状態を表す鏡のようなものです。

 

たかが便秘と軽く見てしまわずに、便が出にくいという事は腸内環境が悪化している、腸内環境が悪化しているという事は身体全体が良くない状態になりつつあると自覚して、根本から健康に近づけるように心掛ける事が大切です。