便秘で体臭は臭くなる?解消方法は?

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

自分の体臭が気になっていませんか。

 

いつも気になっているというわけではなく、便秘の時だけ気になっているのではないでしょうか。

 

お通じが良くないだけでもつらいのに、体臭まできつくなるのはどうしてだろうと思うのではないでしょうか。

 

 

体臭まできつくなるのはどうして

毎日、お通じがある状態が望ましいです。

 

便秘ということは、腸の中に排出されるべき便がとどまり続けていることです。

 

毎日の食事で栄養補給していますが、食べ物や飲み物をすべて体内に吸収しているわけではありません。

 

余計なものは体外へ排出する必要があります。

 

腸内で便という形で余計なものが作られます。水分も多く含んでいますし、生ごみと同じように考えてください。

 

なので、いつまでも腸内に便が残り続けてしまうと、腐敗が進んでしまいます。

 

食べ物が腐る場合とは違うのですが、腐敗してしまうと嫌な臭いが発生してしまいます。

 

何日もお通じがない時、おならが臭いと感じたことはありませんか。

 

腸内で便が腐敗しているからおならがとても臭くなっているのかもしれません。

 

 

腸内で便が腐敗

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

便が腐敗してしまうと、臭いだけではなく毒素まで作られてしまいます。

 

この毒素は腸壁から体内に吸収されてしまいます。

 

血液に入り込んでしまうので、全身に毒素が回ってしまうのです。

 

この毒素は、皮膚から体外へ排出されるのですが、この時に便が腐敗したときにできた腐敗臭も一緒に体外に排出されるので、体臭がとてもきつく感じられてしまいます。

 

血液を通して全身に毒素も腐敗臭も回っていますから、呼吸したときにも体外へ排出します。だから、口臭もかなりきつくなってしまうのです。

 

自分でも体臭や口臭がきつくないかと気付くのではないでしょうか。

 

自分でも嫌だと感じるくらい強烈な臭いになる場合もあります。

 

ただし、ずっと嫌な臭いを嗅ぎ続けていると鼻が慣れてしまうので、気付かなくなることもあるので、気を付けないと周りの人が迷惑するかもしれません。

 

 

体臭や口臭を改善

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

自分は便秘しやすいから体臭や口臭を改善できないとあきらめる必要はありません。

 

解消方法はあります。

 

やはり、お通じを改善することが一番です。

 

体内に便をいつまでもとどめておかないようにすれば、腸内で便が腐敗することもありませんし、毒素が体中に回ることもありません。

 

 

食生活を見直し

毎日の食生活を見直してください。
多くの人は野菜が足りていません

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は消化しないので便の材料になります。

 

あまりにも便の材料が少なすぎてしまうと、作られる便が少ないのでどうしても体外へ排出しにくくなってしまいます。

 

ある程度の量がないと難しいので、今以上に野菜をたくさん食べるようにしましょう。

 

1日350グラムの野菜を食べることが望ましいので、2食の食事でこの数値をクリアするようにしましょう。

 

水分を意識して補給

実は、食物繊維だけでは便秘は解消されません。
水分が少ないのも良くないので、なるべく水分を意識して補給するようにしましょう。

 

1日2リットルくらい飲むと良いです。普通の水でも良いですし、麦茶でも良いでしょう。

 

ただし、利尿作用があるコーヒーや緑茶、アルコールは水分補給にはなりません。

 

これらも体には良いのですが、水分補給する際には利尿作用がない飲み物のほうが良いです。

 

乳酸菌

乳酸菌も大事です。発酵食品などを積極的に食べたほうが良いです。

 

乳酸菌は、生きた状態で腸に届くと良いのです。また、オリゴ糖は乳酸菌のえさになるので一緒に摂取したほうが良いでしょう。

 

健康食品で代用

食物繊維と乳酸菌、オリゴ糖の3つが入った健康食品がありますから、食生活の見直しが大変だと思ったら、健康食品で代用してもかまいません。

 

これなら、腸に生きた状態で乳酸菌が届くでしょう。

 

食事だけで改善しようとするととても大変です。バランスよく改善するのは難しいので、バランスの優れた健康食品を毎日摂取して、翌朝にはすっきりできるようにしましょう。

 

 

健康食品のメリット

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

健康食品は、医薬品ではありませんから、毎日摂取し続けても自力で出し続けられます。

 

腸内環境が改善されるので、問題ありません。

 

また、自分の体調に合わせて摂取量をコントロールすることもできるので、あまりにも便秘がひどい時は毎食後に摂取して、それほどひどくはない時は1回だけ摂取することもできます。

 

腸内環境が良くなれば、便が腐敗する前に出るので、便の臭いもきつくなくなります。

 

腸内が常に正常な状態であれば、便がとどまることがないので、便の毒素や腐敗臭が全身に回ることがありません。

 

すると、嫌な体臭や口臭も改善します。

 

もちろん、にんにくなど臭いのきつい食べ物を食べてしまうと、その臭いが体臭や口臭の原因になってしまうので、好きな人は気を付けて食べるようにしてください。

 

本当に、便が体内にとどまり続けると体臭や口臭に影響を与えてしまいます。

 

たいしたことがないと思わないで、本気で便秘解消に取り組んだほうが良いです。お腹がすっきりするだけではなく、嫌な臭いで悩まなくなります。