便秘で肌荒れになるの?解消方法は?

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

便秘で肌荒れになるのは、女性にとてはかなり辛いものです。

 

しかし現実的にも女性の皮膚トラブルには、便通の悪さが理由になるケースが多く、他人事ではありません。

 

便通の悪いのが女性に多いのは、筋肉量が少ないということもありますので、押し出す力にかけているのも理由です。

 

でももっといけないのは、生活習慣が乱れており、食事の内容も排便にはつながりにくいないようだからです。

 

 

便通の悪さが悪化をすると

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

便通の悪さが悪化をすると、間違いなく肌は荒れるようになります。

 

腸内のことと皮膚の表面のことが、つながっているようなイメージがないでしょうが、明らかに皮膚への悪影響は便通の悪さがダイレクトに関わります。

 

便通が悪い状態を野放しにして、改善をしていないとしたら、皮膚にはトラブルが起きやすくなるのは、もはや仕方のないことと言えます。

 

人間は毎日食事をして腸内で撹拌されて、不要なものは排便されていくのが、健康なサイクルにもなります。

 

しかし便通の悪さの慢性化は、腸内にいつでも便が滞留をしているという、考えたくない状態が続いています。

 

食事からの栄養は全て取り除かれている、そこにあるのは不要なものだけが残っています。

 

老廃物の状態で有るので、本来は早く外へ出ていかないとなりません。でも便通が悪いといつまでも腸の中にかすが残りますが、これがさらによくありません。

 

 

便は腸内で腐敗し悪玉菌の勢力が優位に

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

本来出て行くはずの老廃物が腸内にあることで、便は腸内で腐敗をしていきますし、さらに発酵をしていきます。

 

腸内には悪玉菌と善玉菌が共存をしており、どちらも一定の量のバランスが整っているからこそ、腸内は安泰なわけです、しかし便通が悪くなり、いつまでもベンが居座ることで、次第に悪玉菌の勢力ばかりが強烈に変わります。

 

有毒ガスの大量生産

腸内で悪玉菌の勢力が優位になりますと、有毒ガスの大量生産と、悪いがたくさん発生をすることになります。悪玉菌が多過ぎると当然ですが、腸内環境はさらに悪化をするので、健康面にも美容面にもメリットは皆無となります。

 

大量発生をした有害物質は、いつまでも腸内にいようとはしないで、早く出ていこうとします。

 

排便がすっきり終わらない

腸内には老廃物がたくさんある状態なので、そのままスムーズには出ていくことができません

 

本来は排便でスッキリ出せるものが、出口自体がシャットアウトなので、出ていくことができないのです。

 

しかし毒素はそのままとどまることはなく、腸壁に吸収をされていきますので、健康な血管の中へ入り込み、血液の中に溶け出してしまうのです。

 

綺麗な血液の中に汚い成分が入り込みます

綺麗な血液の中に汚い成分が入り込みますが、血液は全身を駆け巡るものです。

 

栄養などの美しい血液とともに、有害な成分も体中を駆け巡ることになります。

 

人間の皮膚は吸収器官ではなく、基本的には皮膚の毛穴は排泄器官です。毛穴からその猛毒の毒素が出るために、肌荒れは起こりやすくなります。

 

毛穴が汚れ肌が荒れる

皮膚細胞は汚れ等を出す機能を装備はしていますが、有害物質が出て行くのにはとても手間を取られます。順調な皮膚のサイクルや働きでは追いつかないほど、有害な物質を毛穴から出すのは厄介なものです。

 

そのうちに皮膚の新陳代謝は、とてもではないですが間に合わなくなります。毛穴からの汚れは削除など、もはやできる余裕もなく、ニキビや肌荒れはひどくなっていきます。

 

自律神経までも弱くさせる

皮膚状態を悪化させる便通の悪さは、自律神経までも弱くさせるので、こちらも皮膚へのトラブルを多くさせる原因となります。

 

体内における自律神経は、腸内との関連性が強く、いずれにしても自律神経の乱れは、腸内の環境まで悪くするので要注意です。

 

 

便秘による肌荒れ撃退法

バナナウンチを出す生活習慣、食事、運動方法

日本人女子の深刻な悩みにもなる、便秘による肌荒れ撃退法ですが、食事を改善していくのが手っ取り早いでしょう。

 

そもそもお口から入った食材は、腸内でリセットされて出てくことで、腸内フローラも美しい環境で、皮膚も美しく保つことになります。

 

しかし食べているものが腸内にとって悪いものであれば、いくらお花畑のような腸内フローラを目指しても、腸内には老廃物オンリーの悪玉菌ばかりの住処になります。

 

食事をするときに、甘い菓子パンや白米、スパゲティーなどの砂糖と炭水化物が多いならば、ここからの改善をすることです。

 

スナックやアイスクリーム、チョコレートなどの甘いお菓子などは、腸内の環境を悪化させるのが得意です。

 

炭水化物を食べていけないわけではなく、ビタミンや食物繊維豊富は食材を、日頃からメインで食べるべきでしょう。

 

腸内をスッキリさせるには、食物繊維豊富な食材を食べることです。野菜は多くの食物繊維を含みますので、日頃からの食事は野菜がメインです。

 

ほかにも海藻類にも食物繊維は多く、きのこやこんにゃくも食べましょう。白米やパン類は食事の最後にして、お腹が満たされたら食べなくてもいいものです。

 

水分をしっかりと飲むことも重要であり、甘いドリンクは飲まないことです。ミネラルウオーターや白湯をメインにして、水分をたっぷりとりましょう。